ふぃる☆は~もに~
FC2ブログ

虹の橋

くぅが夜は先生のお家に泊まるようになったのが
土曜日から。
日曜日は何事もなく過ごし
月曜日の写真では
目ヂカラが戻ってきたなと感じました。

くぅ目力

それでも数値は一進一退・・・。

が・・・・・
火曜日の夕方
病院から電話が。
下痢をしてしまい再び
目に力も入らず朦朧としている感じなので
今日会いに来てもらって
お話をしたい・・とのことでした。
写真では再び力ないくぅが写っていました。

先生からの写真

先生からの写真2

ダンナくんの仕事が終わり
急いで会いに行くと
ぼーーーっとしてはいるようでしたが
危険な感じでもなく
この時はまだ頑張ってくれる・・と思っていました。
今の状態は痛みはなく
ただただ意識が朦朧としていて
ぼーーーっとしている感じだそうです。
痛みや苦しみがないということに
安心しました。

くぅ頑張って

くぅ頑張って2

(なでたら少し目がしっかりした気がした・・・・)

家に帰る途中も
病院に連れて行く前くらいの状態だから
きっと持ちこたえてくれるねなんて
話していたのに。

その日の20時・・・病院から電話。
ものすごく嫌な予感。
『くぅちゃんの呼吸が乱れて
 今先生が蘇生してますので
 すぐに来れますか?』
『すぐ行きます。』

それでも病院までは30分弱・・・。
つくと
先生が心臓マッサージをしていてくれました。
『お母さんが来てくれたよー。』
私も顔を近づけて名前を呼び
『くぅー、大丈夫だよ。一緒にいるよ。』
と声を掛けました。

私達が来るまではと思って
心臓を動かしてくれていたけど
徐々に・・・。

『頑張ったね。えらかったね。』
と沢山褒めました。

抱っこをさせてくれてから
『一緒にシャンプーしようか。』
と先生・・・。

ぐにゃぐにゃな体を
先生とトリマーさんとダンナくんで
優しく洗いました。
(私は写真係)
洗って・・乾かして・・・としているうちに
気持ちがだんだんと落ちついてきて
くぅの死を受け入れられました。
ふわふわになったくぅを
バスタオルでくるんでくれて
抱っこをしてお家に帰ります。

先生が(猫を亡くした患者さんが作っている)
水引の小さなブーケをくれました。


メモリアルブーケ

愛されたくぅちゃんが虹の橋を無事に渡れるよう
古来より思いを結ぶために使われてきた水引で
心をこめてひとつひとつ結びました。

素材は全て紙と布ですので、お棺に入れて一緒に
旅立ってもらうことが可能です。

沢山の幸せな思い出とともに
旅立つくぅちゃんの傍においてあげてください。


くぅがそばにいなくなってしまったのは
寂しくて悲しいけれど
やってあげたことに後悔はしていません。
この先生に診てもらって良かった。
感謝しかないです・・・。

きっと今頃は
大好きだったフィルとひめと
一緒にいっぱい甘えているかな・・・。
ありがとう。

ランキングに参加しています。
よろしかったらポチッ↓とお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

膵炎

昨日(土曜日)は朝から
くぅを病院に連れて行き
1日預かってもらいました。

夜病院に行き話を聞いて
その結果・・・・。
膵炎になっているということがわかりました。
突然の食欲不振・・・。
歩けなくなって
椎間板脊椎炎を疑って
ステロイドを投与したのが
膵炎を引き起こしてしまったのではないか
という事でした。
老犬なのでステロイドの量も少なめにはしていたけれど
とのことでした。
でも先生が言うには
膵炎は今は良い薬もあるし
治しようがある病気。
数値が下がれば
今までと少しは下がるかもしれないけれど
同じくらいの状態で生活は出来ると言われました。

椎間板脊髄炎のほうは
レントゲンを見ても
それ以上に骨が溶けているという事もなく
カルシウム値もさがってくれました。

なのでこれで膵炎の治療に専念出来ます。
点滴が必要なので入院・・。
が・・病院も夜は何度か見に来るけれど
ずっとは人はいない。
夜が心配なので朝来て夜帰るというのはどうか
と言われたけれど
仕事の関係で時間的に無理がある・・・。
せっかく良くしてくれる病院だけど
ダンナくんの口から近くの病院を探したほうがいいのか・・と
相談を・・。
すると・・・
『夜、私の家に連れて行ってもいいなら
 それも出来るよ。』
先生が言ってくれました。
先生の説明を聞きながら
泣いてしまった私。
『泣くのははやいっ。』
と先生に言われたけれど
先生ももらい泣きしてくれました。

私はくぅが死んでしまうかもということよりも
この状態の原因がわかった安心感と
昨夜電話の女性に詰め寄ってしまったことが
申し訳なくての涙だと思っています。
くぅは先生にまかせていれば
大丈夫だと信じています。
もし急変してしまっても
先生がついていてくれたなら
そこは・・・と思っています。

これから1週間
この数値を下げられるよう頑張ります。
さっき先生のお家についたくぅの
写真をラインで送ってくれました。

くぅ、先生のお家にて

頑張ろうね。

ランキングに参加しています。
よろしかったらポチッ↓とお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

くぅのそれから

くぅの様子・・・あれからどうなったかと言いますと・・・。
帰った日はご飯を食べたけれど
次の日は何とか食べてそれから食事をほとんどとらなくなりました。
でもヨタヨタながら歩けるようにはなっていて
自分で立って水を飲みに言っています。
寝てばかりでご飯を口元に持っていっても
ほぼ食べません。

22日の水曜日
朝何でも食べるならいいやとカステラをあげてみたら
食べたので3粒の薬は何とか飲ませました。
その状況をわんこ飼いである
職場の園長に話すと
『病院に連れて行きなさい。絶対に後悔するから。』
と昼休みに時間休をくっつけて
タクシーで病院に連れて行きました。
病院で点滴をしてもらい
病院にあった缶詰は食べたという事でもらってきましたが
家に帰ってからは食べず・・・・。
23日の木曜日には夜サツマイモをペースト状にしたものだけ
3口くらいなめました。
そして24日の金曜日、今日も全く食べません。
食べないので薬も飲めず・・・。

心配で心配で仕事が終わってから病院に連絡。
すぐにでも行って栄養を入れてもらいたかったのに
受け付けの女性から
くぅの担当の先生が今日はいないし
連絡も今は取れないので
『明日の9時半に連れてきてください。』と言われ
え?今いる先生では診てくれないの・・・?と
『ご飯全く食べてないんです。すごく心配なんです・・。
 もらった薬も飲めてないんです・・。』と
私も引けずに・・・。

折り返しの電話は院長先生からでした。
我が家の担当は院長先生の奥さま先生なのですが
今日はお休みで。
わんこは1週間ほど食べなくても
仔犬じゃないかぎり平気とのこと。
血液検査の結果は食べられないという数値じゃないこと
色々話を聞いて少し落ちついて
明日朝から病院に連れて行き
シリンジで何時間おきに流動食をあげて
様子を見てみる。
食べる時間をメモしながら
家でも同じようにやってもらう。
薬も甘いシロップで飲ませ体の中に入れる。
ということになりました。

落ちついてから電話で対応してくれた女性に
つめよってしまって
悪い事をしてしまったかなと
後悔しました・・・。

眠り続けているくぅ・・。
早く元気になって・・・。
この状態が何もわからなくてすごく不安です・・・。

ランキングに参加しています。
よろしかったらポチッ↓とお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

くぅ迎えに来たよ

日曜日になって
くぅを迎えに行きました。
入院している間
毎日電話をくれて
くぅの様子と検査結果などを知らせてくれる先生に
本当に感謝でした。

さてさて
くぅですが
私達に会ってもボーーッとした感じ・・・。
わかっているんだろうか・・・・。

電話でも聞いてはいたけれど
血液検査の結果が
カルシウム値があがっていて
あまりよろしくない状態とのこと。

初日は発熱していたので
そのためにカルシウム値も
脱水であがっているのかと
ステロイドを入れると熱はさがるが
切れるとあがる・・という状態だったそう。
椎間板脊椎炎を考えて
ステロイドに抗生剤をいれてみると
菌が減れば劇的に変わる・・と思ったが
カルシウム値はあがっていく。
でもSRPタンパクはさがったとのこと。

あとは腫瘍性のものと考えるが
それはMRIを取ってみないとわからない。
考えられる多発性骨髄腫か骨肉腫の場合だと
手術ではとりきれないので内科的治療になる。
多発性骨髄腫だと他の大きな骨も問題が出てくるはずだか
それはないとのこと。
くぅの17歳の年齢からしても
MRIの麻酔のリスクはあるがそこはどうするか。

話し合った結果
1週間ステロイドと抗生剤で
どこまで数値が変化するか様子を見ようということになりました。
家に帰ってきたくぅは
連れて行ったときよりも元気があって
立たせると立っている時間も長くなり
歩いたりもしています。
きっと元気になってくれると信じるしかないです。

ただ・・脳脊髄炎だった場合・・
突然死もありうるからそれだけは・・と
言われたんだけどね・・・。

くぅちゃまはこの状態でおしっこしましたーーーっ。
コートがぬれて脱げば良かったから助かったけど
車の中でもまたもやジャーーー。
ダンナくんは『安心したんだよー。』
って言うけれど
コートが・・ニットワンピが・・・ううっ・・^^

くぅ迎えに来たよ

ランキングに参加しています。
よろしかったらポチッ↓とお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村




テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

突然

1月14日(昨日)の朝
くぅの後ろ足が動かなくなりました。
それでも滑り止めマットの上に
立たせてあげると
何とか立ってご飯を食べたりしていました。

病院に連れて行こうか迷ったけれど
『年齢も年齢だし様子を見よう。』
そう考えたけれど
今日になって
『私はこの子の事で後悔したくない。』
そう思いました。

早番で帰ってきて
病院に電話。
今日は本当は16時までの診療時間なのですが
電話で症状を話すと
『今先生が外出されていて
 何時になるかはわからないけど
 診ますので電話をしたら
 来てもらえますか?』

正直ダンナくんが帰ってくる前に
電話がかかってきたら
くぅをバッグに入れて
タクシーで向かおうと思っていました。
ここから車で25分ほどかかります。
タクシーにどう説明するか不安だったけれど
私はこの子の為に動く・・と決めて。
一応、ダンナくんにも連絡し
仕事が終わったらまっすぐ帰ってきてほしいことを伝えました。

病院からの電話よりも
ダンナくんが帰ってきたほうが先で
車で病院に連れて行くことが出来ました。
診たところでは
やはり腰骨から足にきているけれど
麻痺しちゃっているわけではない。
年齢を考えると手術より別の方法のほうが良いかと考える。
飲み薬に注射、鍼に電気。
そしてリハビリとしてバランスボールなども。
何日間か続けて様子みる・・とのことだったけど
私の会議やダンナくんの出張が重なって
連れて行ける余裕がない。

ということで・・・
日曜日まで入院させることにしました。
血液検査なども出来る限りの事をしてくださいと
お願いして病院に置いてきました・・・・。

寂しいけど頑張ろうね。
いつもはくぅのことをいじめている遊も
何だか様子がおかしいと思うのか
寄り添っていました・・・。

寄り添う遊

ランキングに参加しています。
よろしかったらポチッ↓とお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

テーマ : 老犬・高齢犬
ジャンル : ペット

プロフィール

オレンジ☆

Author:オレンジ☆
世界中のわんこが幸せになれますように・・・。

フィル♂1991/7/7生まれ・19歳で虹の橋を渡りました。
ひめ♀2000/4/10生まれ・11歳で虹の橋を渡りました。
くぅ♂2002/10/27生まれ
遊(ゆう)♂2004/2/14生まれ(推定)
ほきゅ♂2005/11/12生まれ(推定)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる